【ワンオペお風呂】赤ちゃんをお風呂に入れるときの便利グッズ5選!

子育てグッズ
記事内に広告が含まれている場合があります。

はじめに

こんにちは、2022年生まれの娘を持つさくらです。

赤ちゃんをお風呂に入れるの、結構大変ですよね?私は娘をお風呂に入れるのが憂鬱で、夕方が一番嫌いな時間でした。(今もちょっと面倒くさい笑)

そんなお風呂タイムを少しでも楽にする便利グッズ5選を紹介します!

お風呂便利グッズ5選

①リッチェル Richell ひんやりしないおふろマット

まずはリッチェル Richell ひんやりしないおふろマットです!

これは新生児からぜひおすすめしたいお風呂グッズです!


 

 

私は妊娠中に出産準備として空気を入れるタイプの赤ちゃん用お風呂を買いました。


 

 

ただこれ、赤ちゃんがおぼれないようにずっと首を持ち上げておく必要があり、それがかなり自分の腰に負担が来ます…これで夫婦ともに即腰痛になりました。(ほんとつらい)

夫婦で「これはダメだ」となり、いろいろ検索したときに出てきたのが上記のバスマット。

簡単に言うと発泡スチロールでできたマットです。

バスマットだと赤ちゃんを置いていても溺れる心配がありません。

両手をフルに使えるし、腰が痛くなったら一回伸びをすることも可能。

おしりの方には少しだけお湯をためられるし、商品名通り「ひんやりしない」ので赤ちゃんも寒くない。(常にシャワーでお湯をかけています。)

割と薄手なので場所をとらないし、水切れもよくお手入れも簡単。

沐浴時はもちろん、その後少し大きくなってきても、ちょっと赤ちゃんを下ろしておきたいときにこのマットがあるととても便利です。

新生児の沐浴で腰をやられたパパママ、ぜひ買ってください!!

 

②子ども用フード付きタオル


 

こちらのフード付きバスタオル、出産祝いでいただいたものなのですが、とても重宝しています。

ボタンがついているので、赤ちゃんが手足をバタバタさせてもずり落ちにくいです。

お風呂前後に少し赤ちゃんを待たせるとき、いつもこれを着てもらっています。

そしてなんといってもウサギの耳がかわいい…!

肌触りもふわふわで、半年以上使っていますがまだまだ使えそうです。

 

③大人用バスローブ

大人用バスローブ、着るバスタオルもおすすめです。

私が使っているのはこちら↓

 

こちらも買いました!個人的にボタンがないこちらのほうが好き。ボタン止める手間がないので↓


 

 

ワンオペで赤ちゃんをお風呂に入れるとかなり時間との戦いになります。赤ちゃんを待たせる時間を最小限にしたいですよね。

そんな時に、大人はお風呂上りにこれを羽織るだけ。着替える時間がぐっと短縮できます。

私はお風呂上りにバスローブを着て赤ちゃんのスキンケアや着替えを終わらせて、ミルクをあげている間にゆっくりと着替えて髪を乾かしています。

デコルテや腕がでているので、ボディークリームを塗りやすくて一石二鳥です。

一着持っていて損はないと思います。

④ポンプ式のボディーソープ


 

新生児沐浴の時も、月齢が高くなって一緒にお風呂に入る時も、泡で出てくるポンプ式のボディーソープが便利です。

片手でそのままさっと洗えてしまえるからです。いちいち泡立てるのは面倒です。

我が家はミノンのベビーボディーソープを使っています。

洗っても肌が突っ張らないので優しくておすすめです。

ベビーボディーソープは一度親が使ってみるといいと思います。(ベビー用なのに意外と洗いあがりがさっぱりしすぎて乾燥しすぎるのもありました)

 

⑤アロベビー ベビーローション

スキンケア商品はベビーにあったものを選ぶのが大前提ですが、こちらのアロベビーは我が子にあっていました。

ポンプ式で片手で使えて使いやすいのと、とても伸びがよいのでお風呂上りに手間なくさっとぬれるのが気に入っています!

【アロベビー ミルクローション】



まとめ

子どもをお風呂に入れるときの便利グッズをご紹介しました!
①リッチェル Richell ひんやりしないおふろマット
②子ども用フード付きタオル
③大人用バスローブ
④ポンプ式のボディーソープ
⑤アロベビー ローション
ぜひ使ってみてくださいね。
 
 
 
 
 
0歳児と楽しめるボードブック絵本のおすすめはこちら↓

ミルク育児を楽にしたい方はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました